BUYMAで月30万円を目指すBUYMIL(バイミル)

BUYMAで月30万円を目指すBUYMIL(バイミル)

 

BUYMAで月30万円を目指すBUYMIL(バイミル)は、バイマでライバルが仕入れている商品情報をカンニングすることができます。なぜバイマがヤフオクやアマゾンせどりよりリスクが低いのかというと、注文が入ってから商品を仕入れることができるから在庫を抱える心配がないというのが特徴です。

 

ヤフオクやアマゾンせどりは、売る前に商品が手元にないといけないので、在庫を発生させないためにも、念入りの商品リサーチが必要ですね。せどりをはじめるにも商品の置き場所を確保しないといけませんし、在庫ができれば場所もとるし赤字になってしまいます。こうして在庫がどんどん増えてくると作業効率も悪くなります。

 

基本的にヤフオクやアマゾンで稼ぐには、商品が手元にあることが条件ですから、バイマのように売れてから商品を仕入れる無在庫転売ができません。

 

これがヤフオク・アマゾン転売とバイマの無在庫転売の違いです。「在庫をかかえてしまうかもしれない」という事だけでみると、BUYMIL(バイミル)のほうが良いですよね。

 

販売会社:株式会社ECDMマーケティング

運営責任者:間宮とおる

所在地:京都府京田辺市河原御影30-26伊藤ビル3階

電話番号:050-5806-9421

問い合わせ:mamiya@von.jp

販売サイト:http://kir020233.kir.jp/admmm02/buymil02.htm

 

BUYMAで月30万円を目指すBUYMIL(バイミル)売れる商品をリサーチしてライバル情報をカンニング

BUYMAで月30万円を目指すBUYMIL(バイミル)売れる商品をリサーチしてライバル情報をカンニング

 

BUYMAで月30万円を目指すBUYMIL(バイミル)で売れる商品情報をカンニングという聞こえが悪いですが、BUYMIL(バイミル)で稼ぐにもリサーチは必要です。売れる商品のリサーチは時間もかかり、知識や経験をつまないと利益を上げるのは難しいのが普通ですが、BUYMIL(バイミル)を使うことで、今売れている商品をバンバンリサーチすることができます。

 

あとはBUYMIL(バイミル)でリサーチした売れる商品データを見てバイマに出品するだけなので、注文がはいれば利益がドンドンつみ上げていくことができます。出品するといっても、BUYMIL(バイミル)でリサーチした商品をバイマに掲載するだけで良いので、出品さえしてしまえば後は注文を待つだけになります。

 

BUYMIL(バイミル)では、ライバル達が何度も仕入れている商品(売れる商品)をリサーチしてくれるせどりツールであり、ライバルが何度もおなじ商品を仕入れているということは、注文が多い=人気商品ということになります。

 

BUYMIL(バイミル)の売れる商品リサーチは下の動画で解説しています。

 

短期間でせどりで大きな収入を得るならブランド物がおすすめで、売れる度に数千円~数万円単位の利益になることも珍しくありません。好きなだけ商品を出品できるうえ、注文がはいったあとに仕入れることが可能なので、リスクを極限まで下げることができるのはバイマだけです。

 

それに、BUYMIL(バイミル)で売れる商品を効率よくリサーチできるわけですから、せどりで稼ぐにはもってこいですよね。

 

BUYMIL(バイミル)のせどりでかかる費用

バイマせどりでかかる費用

 

BUYMIL(バイミル)のせどりは、海外から商品を仕入れないといけないので、ある程度の費用がかかってしまいます。せどりを始めた当初は費用負担も大きいですが、注文が入り利益が発生すれば問題にすることではありません。

 

BUYMIL(バイミル)のせどりでかかる費用は次の通りです。商品代金⇒海外送料(仕入れ国でかかる送料)⇒関税⇒送料(国内) ⇒発送料(お客様負担)⇒利益

 

商品代金~送料(国内)までが支払う費用で、手元にのこったお金が利益になります。バイミルでは、あなたが支払う費用を差し引いても十分利益がでます。

 

バイマは、関税や送料の面で費用がかさんでしまいますが、これが普通の海外転売になると在庫を抱えてしまうリスクがあり大赤字になってしまいます。BUYMIL(バイミル)のせどりは注文が入ってから仕入れるので、利益をえることができます。

 

BUYMIL(バイミル)で売れる商品をリサーチするための必要なポイント!

せどりで売れる商品をリサーチするための必要なポイント

 

BUYMIL(バイミル)で稼ぐとなると、最初にかかってしまうのは商品仕入れ代金とその他の諸費用です。BUYMIL(バイミル)では、主にブランド商品をリサーチしていくので、一発目の仕入れ費用はそれなりにかかってしまいます。

 

注文が入ってから商品を仕入れるのでリスクは低いですが、BUYMIL(バイミル)で稼ぐのに初期投資でどこまでできるかという部分が大きいですね。初めはお金をかけず、低価格で利益率の良いブランド商品を狙ってリサーチしていくのがポイントですね。なのでBUYMIL(バイミル)を使いはじめた当初は薄利多売でも良いでしょう。

 

BUYMIL(バイミル)で安定的に利益をあげることができれば、高額商品を仕入れて一気に利益をあげることもできますから、そこはあなたさじ加減次第ですね。

 

せどりで売れる商品のリサーチする時にBUYMIL(バイミル)を使うか、ヤフオクをやるか!

せどりで売れる商品のリサーチする時にバイミルを使うか、ヤフオクをやるか

 

BUYMIL(バイミル)のツールでバイマをするにしろヤフオクをするにしろ、メリットデメリットがあります。【一発目の商品仕入れ金額は高いけど、在庫を抱えないバイマせどりをするか?】【一発目の商品仕入れ金額は低いけど、在庫を抱えるリスクがあるヤフオクせどりをするか?】どちらをやるかはあなたの自由ですが、実践するならリスクが低い方が絶対いいですよね。バイマは上場してから年々市場規模が拡大しているので、今後買い物客はどんどん増えるといわれています。

 

市場規模が拡大しているということは、稼げるチャンスがあるということです。この機会にBUYMIL(バイミル)を使って、効率的に売れる商品をリサーチするのも良いですね。

 

BUYMAで月30万円を目指すBUYMIL(バイミル)

 

特典の受け取りは決済ページで【購入者特典】が表示されていると特典の受け取りが可能です。