キーワードスカウターS

キーワードスカウターS

 

面倒なキーワード選定から解放されるキーワードスカウターS

「サイトを作ったけどキーワード選びがいまいちよくわかんない・・・」こう思ったことはありませんか?コンテンツのキーワード選びは検索エンジンからあなたのサイトへの入り口になります。もしこのキーワード選びがいい加減だとアクセス数が伸びず、サイトからの報酬は発生しにくくなってしまいます。だからサイトを作る時はキーワード選びが特に重要だと強くいえます。

 

しかし、いざ手動でキーワード選びをすると調査にこれだけの労力がかかります。【キーワードの競合性(ライバルの強さ)】【キーワードの検索ボリューム】【被リンク有無】【売れるキーワードかそうでないか】があります。少なく見てもこれだけの事をやらないといけませんから、キーワード選びだけでも毎回かなりの時間が必要になります。

 

そんな時に使えるのが【キーワードスカウターS】というキーワードツールです。キーワードスカウターSはライバルが少なく上位表示しやすいお宝キーワードを抽出することができ、同時に検索ボリュームがあるキーワードを選んで使うことで、アクセスが集まり記事を書くことできます。アクセスが集まりやすい、だから商品が売れるようになるという事も言えることも確かです。アクセスが集まらないということは、売れる可能性も下がってしまいます。

 

なので、キーワードスカウターSでキーワードを抽出して、検索ボリュームやライバルの強弱が短時間でわかります。これをキーワードスカウターSを使わずにキーワード情報を調べるとなるととても時間が足りません。

 

販売会社:株式会社Catch the Web

運営責任者:松井 宏晃

所在地:神奈川県藤沢市湘南台1-7-9 フォーレ湘南台5階

電話番号:0466−21−8884

問い合わせ:info@ctw-asia.com

販売サイト:http://amc.ctwpromotion.net/product/kss/top.html



 

 

キーワードスカウターSでallintitleとintitleを見るだけで攻略しやすいお宝キーワードが見つかる!

キーワードスカウターSでallintitleとintitleを見るだけで攻略しやすいキーワードが見つかる

キーワードスカウターSで表示される、allintitleとintitleが何なのかというと【キーワードが記事タイトルに全部含まれている 場合がallintitle】【キーワードが記事タイトルに一部含まれている場合がintitle】がallintitleとintitleの違いです。

 

例えば、「キーワードツール 競合性」という複合キーワードがあったとすると、タイトルは、「キーワードツールで検索数が多く競合性の低いキーワードを抽出!」というタイトルをつけるとします。上記のタイトルでは、「キーワードツール 競合性」というキーワードが全て含まれているのでallintitleになります。これが、「キーワードツール ライバル」や「キーワード 競合性」などの異なるキーワードにってしまうと、「ライバル 」「キーワード」といった、違うキーワードがタイトルに含まれているのでintitleになります。

 

このallintitleとintitleの情報を素早く抽出してくれるのがキーワードスカウターSです。allintitleやintitleは、検索エンジンでコマンド指定し、調べることができますが、キーワードスカウターSのように一覧表示されないのでわかりにくいです。キーワードスカウターSなら、allintitleとintitleを一覧で見ることができるので、キーワードスカウターSはライバルが少なく、検索ボリュームの多いお宝キーワードを簡単に知ることができます。

 

キーワードスカウターSの使い方

 

 

キーワードスカウターSの使い方は、allintitleとintitleの比率を見ながらキーワードを選んでいきます。キーワードスカウターSでキーワードを決める時のポイントは、intitleが多くallintitleが限りなくゼロに近いキーワードを使うのがおすすめです。

 

キーワードスカウターSで表示されるキーワードは、どれも検索ボリュームが多いキーワードなので、allintitleとintitleの比率をみながらキーワードを選ぶ使い方でOKです。

 

キーワードスカウターSでさらに攻略しやすいブルーオーシャンお宝キーワードの発掘方法

キーワードスカウターstでさらに攻略しやすいブルーオーシャンキーワードの発掘方法

キーワードスカウターSは、allintitleとintitleのほかにも実被リンク平均情報もしることができます。実被リンク平均は、対象キーワードの被リンクがどれくらいついているのかをキーワードスカウターSで知ることができます。キーワードスカウターSで表示される、実被リンク平均の数値が高いほど、攻略しやすいキーワードといえます。キーワードスカウターSでも、「実被リンク平均は100以上あるキーワードを選ぶと良い」と解説されています。

 

キーワードスカウターSで攻略しやすいお宝キーワードを見つけるなら、「allintitleが少なくintitleが多いキーワード」「実被リンク平均が100以上のキーワード」をキーワードスカウターSで同時に見ながら選ぶと良いでしょう。そして、キーワードスカウターSで選んだキーワードに合うコンテンツを作れば、検索エンジンから高く評価されるようになるでしょう。

 

キーワードスカウターSは稼ぐツールではありません

 

キーワードスカウターSを手にして正しい使い方をしても、必ず稼げるとは限りません。キーワードスカウターSは、攻略しやすいお宝キーワードを抽出するものであって、上位表示しやすいキーワードを探してくれるキーワードツールです。

 

アクセス数が伸びずに悩んでいるなら、キーワードスカウターSは使えますし、時間がかかるキーワード選びをキーワードスカウターSで効率化させることができます。なので、少ないアクセス数をどう改善していくかというと、キーワードスカウターSでキーワードを見直すことで解決することができます。

 

キーワードスカウターSで、ライバルがほとんどいないお宝キーワードを知ることができるから、キーワードスカウターSの使い方をマスターすれば、ユーザービリティーの高いコンテンツを自然に作れますよね。

 

キーワードスカウターS

 

特典の受け取りに関しては決済ページで下記の【購入者特典】が表示されているか確認してください。

 

 

クッキーが有効か確認するにはコチラから