LINE@ステップマーケティング

LINE@ステップマーケティング

 

連絡手段として使われることが多いLINEですが、LINEでも稼ぐことができます。「LINEは使ってるけど、ビジネスに活かすことはできないか」と考えている方にはピッタリのノウハウでしょう。せっかくこれだけ便利なツールがあるのですから、LINEで稼ぐのに使わないのは勿体ないですよね。

 

LINE@ステップマーケティングはとてもシンプルで、初心者でも広告費をほとんどかけず、リストゼロの状態でも集客することができるのでリスクが低いのも特徴です。LINE@ステップマーケティングはLINEの特性をうまく利用して仕組み化したノウハウになっています。

 

販売会社:株式会社ユナイテッドコンサルティング

運営責任者:嘉志摩諭史

所在地:千葉県浦安市堀江4-8-1

電話番号:050-3578-3104

問い合わせ:kasimaapp@gmail.com

販売サイト:http://oz1000.com/line/line.html



 

 

LINE@ステップマーケティングで効率的に稼ぐ仕組み

LINE@ステップマーケティングで効率的に稼ぐ仕組み

LINEを使って稼ぐにもリスト(顧客情報)がなければ、顧客にアプローチすることができません。なので、まずLINEで稼ぐにはリスト集めをするためにプロモーション広告を利用します。普通にプロモーション広告を使うと、広告の出稿に費用がかかってしまいますが、LINE@ステップマーケティングでは、プロモーション広告の出稿に費用をかけることなくリスト集めをしていきます。

 

プロモーション広告の費用を無料にして数で勝負!

なぜ費用のかかるプロモーション広告を無料にできるのかというと【ニッチキーワード】を使い集客を行うからです。ニッチキーワードを使うメリットは、訪れたユーザーの購買意欲が高くてコンテンツが合致させることで高い成約率になりやすいのが特徴です。ニッチキーワードは広告出稿に費用のかからないものが多いので、費用をかけず出稿することが可能になります。

 

これがビックキーワードになると、プロモーション広告で費用が発生してしまいますが集客数は多くなります。しかし、ビジネスをするからには成約率をあげないと意味がないので、成約率で比較するとニッチキーワードの方が上になります。広告に費用ばかりかかり売上が出なければ赤字は確実ですよね。

 

ビックキーワードに費用をかけてリストを集めたとしても、反応のないリストだと意味がありません。ニッチキーワードでリストを集めるから、反応のある質の高いリストを収集することができます。爆発的に集客するには、ニッチキーワードでプロモーション広告をそれなりに出稿する必要がありますが、費用がかからないので安心ですよね。爆発的集客の先に爆発的コンバージョンがあります。

 

アクセス数やPV数などが目的で、ビックキーワードに費用をかけて広告を出稿するなら少しの数で十分ですが、LINEで稼ぐ仕組みを構築するなら成約率を上げることを考えるのが最善です。なので【広告でそれなりの数を出稿する】必要はありますね。

 

LINE@ステップマーケティング!普通のメルマガとは違う変わった方法とは

LINE@ステップマーケティング、普通のメルマガとは違う変わった方法

LINE@ステップマーケティングはステップメールを使っていきますが、LINEのステップメールは、他のノウハウで解説されてあるような定番のステップメールの使い方とは少し違います。

 

LINE@ステップマーケティングではライティング能力は求められない!

ステップメールと言えば、登録者(読者)に対して、あなたが書きためたメールを1通ずつ自動で配信していく仕組みですが、LINEは1対1のコミュニケーション形式なので、メルマガよりも細かくアプローチしていくことができるから成約率を上げやすいわけです。

 

メルマガだとライティングを覚えないといけませんから、この時点で難易度が高いとわかりますよね。逆にLINE@ステップマーケティングなら、メルマガのような万人受けするようなメルマガを書く必要はありません。

 

ここで「1対1でアプローチしていくのは効率が悪くない?」と感じるかもしれませんが、LINE@ステップマーケティングでツールで自動化させる仕組みも作ることもできます。しかし、その場合だと細かな部分に対応することが難しいので、売上げを発生させやすくするためにも多少面倒でも1対1アプローチが効果的です。

 

「LINEは使っているけど、費用をかけずになんとか稼ぐ仕組みを作りたい」と考えるなら、LINE@ステップマーケティングはおすすめです。

 

LINE@ステップマーケティング

 

特典の受け取りに関しては決済ページで下記の【購入者特典】が表示されているか確認してください。

 

 

クッキーが有効か確認するにはコチラから