PPC広告を自分でやる

PPC広告を自分でやる

 

Pandora2(パンドラ2)は、狙い目のGoogle広告の情報収集してくれるツールです。Pandora2(パンドラ2)は検索エンジンに出稿するときのリスティングキーワードがいちばん良いのか、競合性が低いかを教えてくれるキーワードツールです。

 

前バーションは、細かなGoogle広告の情報収集ができなかったですが、ライバルが稼いでいるGoogle広告から提携広告文を抜き出し、ライバルが出稿しているキーワードの掲載順位や競合性などの広告の情報収集をしてくれます。

 

普通に売れるPPC広告の情報収集をするなら時間もかかりますし労力もハンパではありません。ツールを使わないと知れないPPC広告の情報や検索キーワードが簡単に収集できることも確かですね。

 

PPC広告を自分でやる人からしたら、Pandora2(パンドラ2)は強力なGoogle広告の情報収集ツールです。

 

  • 販売会社:Catch the Web Asia Sdn Bhd.
  • 運営責任者:横山 直広
  • 所在地:神奈川県藤沢市湘南台1-7-9 フォーレ湘南台5階
  • 電話番号:0466−21−8884
  • 問い合わせ:info@ctw-asia.com

 

PPC広告を自分でやる!Pandora2(パンドラ2)とキーワードスカウターの違い

   PPC広告を自分でやる‼パンドラ2とキーワードスカウターの違い      Google広告の情報収集に特化したPandora2(パンドラ2)とキーワードスカウターの違い

 

Pandora2(パンドラ2)を販売しているCatch the Webは、他にもキーワードスカウターSという有名な検索キーワードツールを販売しています。普通のサイトアフィリエイトをやるならキーワードスカウターSで十分でしょう。

 

Pandora2(パンドラ2)は、キーワードスカウターSにPPC広告の情報収集を追加したPPC広告を自分でやる時に役立つキーワードツールで、キーワードスカウターにGoogle広告の情報収集機能が追加されたツールです。

 

ライバル皆無&検索ボリューム多い= 売れるキーワード

ライバル皆無&検索ボリューム多い= 売れるキーワード

 

Pandora2(パンドラ2)でPPC広告の情報収集をできたとしても、次に問題なのが【出稿にかかる費用】です。Googleに広告を出稿するには、先に入金しないと広告が表示されない【先払い】と、検索に引っかかりGoogleで広告が表示される度に料金がかさむ【後払い】があります。

 

せっかくお金をだしてPPC広告を自分でやるわけですから、ライバルが少なく検索回数が多い、そして売れるキーワードの情報を収集したいと思いますよね?これがPPC広告の理想形です。

 

Pandora2(パンドラ2)でライバルのGoogle広告の情報を根こそぎ抽出

 

Pandora2(パンドラ2)は、ライバルが少なく検索ボリュームもあり、コンバージョンの高いPPC広告の情報を収集してくれます。Pandora2(パンドラ2)を使うことでしか知ることができない、ライバルのPPC広告の情報を根こそぎ抽出してくれるので、PPC広告を自分でやる時にライバルをだし抜くことが可能です。

 

Pandora2(パンドラ2)でライバルより細かなPPC広告の情報収集を出来るのと出来ないとでは、出稿後の成約に結びつけられるかが大きくかわってきます。

 

PPC広告は出稿費用がかさむので敬遠されがちですが、Pandora2(パンドラ2)のようなPPC広告の情報収集ツールを使うことで、無駄な費用が掛かることなく成約にむすびつげることができます。

 

宣伝商品に合うPPC広告のキーワードをPandora2(パンドラ2)で情報収集

宣伝商品に合うPPC広告のキーワードをPandora2(パンドラ2)で情報収集

 

例えば、「ダイエット器具」でGoogleで広告をだしたいと考えたとします。ここでGoogleで広告を出稿するときもダイエット関係のキーワードを選ばないといけません。Pandora2(パンドラ2)で全く関係しない化粧品のリスティングキーワードを選んで出稿しても、売りたい商品とキーワードがマッチしてないので売れる可能性は低いですよね。

 

PPC広告を自分でやる時に最低限押さえておくポイントが、PPC広告の情報収集をするときに売る商品がキーワードとマッチしているか?という点です。この点さえ押さえておけば成約率は上がっていくでしょう。

 

Pandora2(パンドラ2)で「知りたい系キーワード」で自動収集して売上をだす

Pandora2(パンドラ2)で「知りたい系キーワード」で自動収集して売上をだす

 

ユーザーが知りたいであろうキーワードを狙うのが、PPC広告の情報収集する時のポイントです。例えば「~方法」「~評判」「~口コミ」などが知りたい系キーワードになります。

 

知りたい系キーワードは、商品について「知りたい」「悩みを解決したい」とユーザーが検索しているわけですから、PPC広告を自分でやる時にキーワードと商品がマッチするPPC広告のキーワードを情報収集して出稿すれば売れる可能はグンとあがりますよね。

 

これはPPC広告、サイトアフィリエイトに関係ありませんが、PPC広告の情報収集ツールを使うときも、知りたい系キーワードでPPC広告を出稿するときに、商品をマッチさせるということを押さえておいてください。

 

Pandora2(パンドラ2)のPPC広告情報収集ツールは初期設定がすこし面倒

Pandora2(パンドラ2)のPPC広告情報収集ツールは初期設定がすこし面倒

 

キーワードスカウターを持っている人は知っていると思いますが、Pandora2(パンドラ2)も初期設定がすこし面倒です。特に難しい設定はなく、マニュアル通りに進めていけば問題はありませんが、設定項目が多いのでめんどくさがりの人には少しキツイ作業になってしまうと思います。面倒な作業ははじめの1回だけになります。

 

Pandora2(パンドラ2)を使って、エラーや情報収集が途中で止まってしまうといった機能的な問題はありません。たまに連続してPPC広告の情報を収集すると、検索エンジン側から制限がかけられリスティングキーワードの抽出ができないことがあります。※検索エンジン側の仕様なので時間をおくと解決します。

 

これはツールに問題があるのではなく、Google検索エンジンの仕様なので仕方ありませんね。ツールでライバルが使っている【売れているPPC広告の情報収集ができる、できない】では雲泥の差ですし、売上げを出しているライバルのGoogle広告が簡単に情報収集できるわけですから、手にしてほしいキーワードツールですね。

 

これからPPC広告を自分でやることを考えているなら、Pandora2(パンドラ2)はかなり使えるPPC広告の情報収集ツールになるでしょう。

 

PPC広告を自分でやる

 

PPC広告を自分でやる