WordPress テーマ カスタマイズ しやすい

 

カスタマイズしやすいWordPress!レスポンシブデザイン対応

 

賢威はカスタマイズしやすいWordPressテーマです。無料ブログの場合は広告が記事に挿入されていて削除することができませんが、賢威のWordPressテーマは広告なしで運用することができますし、アフィリエイト広告など、独自広告の導入も可能でカスタマイズしやすいのが特徴です。それに無料ブログをはじめたとしても、始めは評価が低いのでなかなかアクセスがあつまりません。毎日のアクセス数がたったの数件ならサイトを運営するにしてもモチベーションを維持することは難しいですよね。

 

賢威意外で使っている無料ブログがレスポンシブデザインに対応しているかも重要です。レスポンシブデザインは、スマホやタブレットでサイトを表示したときに、画面の大きさに合わせてサイト表示を最適化してくれる機能です。賢威はレスポンシブデザインに対応していて、今後はスマホやタブレットからのアクセスがとても重要になってくるので、seo対策でも重要項目のひとつになっています。

 

数年前まではパソコンからのアクセスが大半を占めてましたが、今はスマホやタブレットなどのモバイル端末のアクセスも増えたので、レスポンシブデザイン対応のWordPressテーマでサイトを作る事はとても有効です。

 

では、賢威以外のはWordPressテーマは全てダメということになってしまいますが、他にもseo対策が施されているWordPressテーマはたくさんあります。賢威はなかでもseo対策がしっかりしているので検索エンジンに評価されやすいですね。「seoを意識せず賢威のWordPressテーマを使いはじめてから10記事ほどでアクセスが右肩上がりで増えだした!」というサイトも多くあります。

 

【特定商取引法に基づく表記】

販売会社:株式会社SEMライダー

運営責任者:松尾茂起

所在地:京都府京都市中京区十文字町437番地 SOZO+ビル 704号室

電話番号:075-741-7849

問い合わせ:support@seo-keni.jp

販売サイト:http://www.seo-keni.jp/



 

賢威WordPressテーマはSEOに本当に強いのか?

WordPress テーマ カスタマイズ しやすい

 

賢威はGoogleの本質を理解し、seo対策が施されたカスタマイズしやすいWordPressテーマで、Googleに好かれやすいという特徴をもっています。賢威のWordPressテーマを使えば必ず上位表示させることが可能かというと違いますが、上位表示される可能性が高いというあくまで確率のはなしですね。

 

「ユーザーの役に立つコンテンツをどれだけ提供できているか」がSEO対策になり、コンテンツの上位表示を目指すなら【賢威のWordPressテーマ+記事タイトル+役立つコンテンツ作る】ことを意識することが大切です。  技術的なことは賢威のseoマニュアルが付属してるので、WordPress初心者でも安心です。  

 

賢威は、あくまでWordPressテーマとしてとらえ、「ユーザーに役立つコンテンツを作る」ということ、今後のアクセスアップ、そしてアフィリエイト報酬のアップにつながっていきます。  

 

賢威とプラグインは組み合わせてつかうべき!

WordPress テーマ カスタマイズ しやすい

 

WordPressはサイト全体を構成する本体で、賢威はサイトレイアウトを構成するWordPressテーマです。プラグインは賢威では補えない細かい部分を補強できます。

 

例えば、賢威とサイトマップ系のプラグインをインストールするれば、サイト更新時にサイトマップを自動で書き替え検索エンジンに送信てくれたりするプラグインもあります。他にもリンク切れを自動でチェックしてくれるプラグインや、スパムをブロックしてくれるプラグインもあります。

 

この複数のプラグインと賢威のWordPressテーマを組み合わせることでseoを更に強化したブログをつくることができます。賢威でもプラグインの導入が簡単にでき、いくつものプラグインをインストールすることができます。  賢威と相性が良くないプラグインがあることも確かなので、phpやcssは多少さわれたほうがいいでしょうね。

 

賢威と組み合わせてつかう5つのプラグイン

 

賢威のWordPressテーマと組み合わせにオススメな5つのプラグインを紹介します。これら5つのプラグインは賢威との相性も良いので入れておきたいプラグインですね。

 

Google XML Sitemaps 検索エンジン用のサイトマップを自動生成してくれるプラグインです。

 

サイトを更新するたびにサイトマップも自動で書きかえられます。Google XML Sitemapsをインストールしておくとサイト更新時にウェブマスターツールのサイトマップも自動で書き換えられるので、検索エンジンに賢威サイトの更新情報を効率よく伝えることができます。  

 

PS Auto Sitemap

ユーザー用のサイトマップを自動生成してくれるプラグインです。サイトマップがあることで、サイトにはどのようなコンテンツがあるかをユーザーが把握しやすくなります。PS Auto Sitemapはユーザー用のサイトマップを自動生成してくれるので、賢威内の記事のユーザービリティー(ユーザーの利便性)が向上します。  

 

PubSubHubbub

PubSubHubBubは、サイトを更新した瞬間に検索エンジンに更新を伝えてくれるプラグインです。これまではpingやウェブマスターツールを使い、検索エンジンに更新を伝えることでインデックス速度を早めるのが一般的でしたが、PubSubHubbubはサイトを更新した瞬間に検索エンジンに通知されるので、インデックスが早いという特徴があります。機能的にはウェブマスターツールのFetch as Googleに似ています。  

 

WP-Copyright-Protection

WP-Copyright-Protectionは、コピー&ペーストをできないようにするプラグインです。あなたのコンテンツを見たユーザーが「この賢威のseoの記事良いな!コピペしよっ」と思っても右クリックができないので、コンテンツやオリジナル画像が盗まれる可能性がひくくなります。WP-Copyright-Protectionは、コンテンツ盗用が多いアフィリエイトサイトなどで役に立ちます。  

 

Broken Link Checker

Broken Link Checkerは、賢威の記事内にリンク切れがあるとダッシュボードに表示されるプラグインです。リンク切れはSEO的にもよくありません。内部リンク(サイト内リンク)は管理しやすいですが、外部リンク(他サイトリンク)に対しては管理が大変です。Broken Link Checkerは、内部リンク外部リンクを問わずリンク切れを教えてくれるので、リンク切れ対策には有効なプラグインです。  

 

賢威と上記5つのプラグインを組み合わせた結果

WordPress テーマ カスタマイズ しやすい

賢威と先ほどの5つのプラグインを組み合わせた結果、アクセス数は右肩上がりで増えはじめ、アクセス数を増やすには毎日の更新が大切ですが、上記のプラグインを使うことで効率的にアクセスをあつめることができました。賢威のWordPressテーマを導入した時は、アクセスは1日に数件という小さな数字でした。3カ月後には1日に100件近くのアクセスを達成できます。  

 

賢威のWordPressテーマを使うことでアクセスは大きく変わりますが、ロングテールseoでコンバージョン率高いの記事を増やすことができます。賢威でも気おつけてほしいのが記事タイトルのつけかたです。賢威のWordPressテーマを使ってどんなに役立つコンテンツを投稿しようと、記事タイトルが悪ければクリックしてもらえませんしseo的にも良くありません。

 

賢威のWordPressテーマを使うとしても100%アクセスアップできる保障できませんので、seoで意識するのは、ユーザーに役立つコンテンツ作りとクリックされる記事タイトルですね。賢威はロングセラーになるほどの人気のWordPressテーマです。

 

WordPress テーマ カスタマイズ しやすい

 

特典の受け取りに関しては決済ページで下記の【購入者特典】が表示されているか確認してください。